小久保よしあきボイストレーニングスタジオ

プロフィール

小久保よしあき(こくぼよしあき)

1983年1月22日埼玉県春日部市生まれ。
立教大学経済学部経済学科卒業。

  • Vocology In Practice(ViP)公認インストラクター
  • VT Artist Development所属アーティスト・デベロッパー
  • 元Speech Level Singing公認インストラクター(2012年1月~2013年12月)
  • 日本音声学会会員

ViP創始者のDave Stroud氏、ViPマスターインストラクターのWendy Parr氏、SLSマスターインストラクターのGreg Enriquez氏、IVAマスターインストラクターのSpencer Welch氏に師事。

非常に高度な発声技術を武器に、良い発声から悪い発声の例まで、男女問わずハイクオリティのデモンストレーションでレッスンを行うことが可能。ジャズ、ポップス、ロック、ヴィジュアル系、ヘビーメタル、ミュージカル等、あらゆるジャンルに対応。歌唱法以外にも、音楽理論、ギター演奏、DTM制作などの幅広い技術と、知識を持ち合わせている。幼少期に数多くのミュージカルや舞台、テレビ出演を経験。YAMAHAシンガーコンペティション全国大会決勝進出。 

長年の課題であった「声が細い」「すぐ喉が枯れてしまう」という悩みがSLSのボイストレーニングにより改善したことをきっかけに、自分の得た感動を多くの人に与えるべく、ボイストレーナーとして活動を開始。SLS公認ボイストレーナーを2年経験後、更に厳しい環境を求め、現在はVocology in Practiceの公認ボイストレーナーとして活躍中。プロアマ問わず月間約90人に指導する東京で最も多忙なボイストレーナーの一人。

かつては広告代理店に勤務し、webコンサルタントチームのマネジメント及びチーム運営管理を歴任。あらゆるタイプの人材の育成経験を持つ。2児の父。

「ぜひあなたの声の悩みを教えてください。今あなたがどんな発声をしているのか、どうすればあなたの悩みが解決していくのか、悩みが解決した先にどんな発声が待っているのか、僕の全力を尽くしてお伝えします!一緒に頑張りましょう!!」
ページの先頭へ戻る